カートを見る マイページ ご利用案内 お問合せ お店案内 特定商取引法の表示 サイトマップ

 

便秘について〜Q&A〜


べんぴ
便秘痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)について。
便秘解消法 腸が痙攣してるなんて!?痙攣性便秘はストレス社会で以外と多い便秘です。原因は正にストレス、神経の過労や睡眠不足です。便意は有っても思うように排便が出来ず、ウサギの糞の様なコロコロ状だったり、細い便だったりして、残便感が有りスッキリしません。腸の一部が痙攣し腸管を狭くし便の流れが悪くなっている症状です。便秘に良いからと食物繊維を多く摂っても、腸に過剰な刺激となるだけで更に症状を悪化させる事もあります。対策は、何よりもリラックスして下腹部の緊張を和らげること。仕事の合間にゆったりした軽めの体操で心と体のストレスを解しましょう。
便秘妊娠すると便秘になりやすいのは何故?
便秘解消法 妊娠初期や排卵後に、分泌される黄体ホルモンが主な原因と言われてます。 黄体ホルモンは子宮筋の収縮を抑制し流産しないよう備えるための妊娠時特有のホルモンです。 黄体ホルモンは水分や塩分を蓄えようする作用があり、腸から水分を吸収し便を硬くします。さらに子宮筋腫や卵巣嚢腫が腸を圧迫して蠕動運動(ぜんどう、腸内の便を押出す運動)が鈍くする副作用もあるため 便秘になってしまう事が多いようです。また妊婦は運動不足になりやすいのも便秘になる大きな原因でしょう。 大切な体です。ご自分で無理に改善しようとせず、僅かな異変でも掛かりつけの医師にまず相談するようにしましょう。 また「流注下し」は、昔から多くの妊婦の方にもご愛飲いただいており、問題があった事もございませんが、まずは医師の診断を受け相談するようにして下さい。
便秘解消子供が便秘ぎみです。原因や改善法は大人と同じですか?

漢方 子供の便秘の原因も基本的には大人と同じです。
・特に野菜嫌いからくる食物繊維不足。
・朝食を食べない、食べても慌しく食後のトイレ時間がゆっくり取れてない。
・子供は大人より新陳代謝が活発ですので、よく汗をかき水分不足になりがち。
・学校のトイレで排便できない事が多いようで、我慢ぐせがついている。
・TVゲームなどの遊びでばかりで運動不足になりがち。
子供の時から便秘症になると一生涯引きずってしまう恐れが十分あります。 子供は自ら意識してそれを改善しようとはなかなかしないものです。 大人(親)がストレスをかけない無い様にじっくり対応して行く必要があります。 (流注下しは子供でも安全に服用できます。用法用量をよく踏まえて服用下さい)
慢性便秘薬や下剤を飲んでも出ません。

メタボリック症候群痙攣性便秘(ケイレン)の部類である可能性があります。 痙攣性便秘は精神面からくる事が多く、ストレスや自律神経の失調などが原因と考えられ、腸の一部が痙攣し圧迫された様な状態となり便の流れが滞る症状です。 痙攣性便秘の場合、下剤や便秘薬では改善しないケースもよく見受けられ、精神的なストレス障害を緩和する事であっさり回復する場合があるようです。 いずれにしても、お薬を服用してその効能が見られないようなら、医師に診てもらう事も大切です。一人で思い悩む事でのストレスも解消されるかも知れません。
便秘薬そもそも快便ってどんな状態なんですか?

肌荒れさまざまな定義がございます。先に結論と言いますと、最たる快便の条件になるものは、 排便後、ご自分でスッキリ爽快感があるのかと言う事でしょう。うんちの形や色など健康的で標準とされる定義はありますが、それは食べたものやその日の生活状態(運動量)などでも 変化します。流注下しの様な大黄を含んだ漢方薬を服用すると、便が黒っぽい色だったり柔らか過ぎたりすることがありますがそれは問題ありません。 残便感のない全部出し切った気持ち良さがあれば、ひとまず健康な快便状態と言って良いでしょう。
便秘解消ダイエット中に便秘になりやすいのは?

便秘まず、食事制限よるものが最たる原因です。摂取カロリーを抑える為に食事の量を減らすと便の量も減ります。 便の量が少ないと大腸に適度な刺激が発生せず便意を感じる事が少なくなる訳です。ダイエットする場合は食事の量を減らすのではなく、カロリーを減らす様にしましょう。 低カロリー低脂質の食事でたくさん食べてたくさん出して、代謝を高める事が大切です。
漢方便秘薬下剤、便秘薬、浣腸は使わないほうがいいの?

宿便下剤や浣腸に頼ることで心配されるのが習慣化してしまい薬を使わないと排便出来なくなるのではないか言う点です。 センナなどをの刺激性下剤の場合その傾向が多く、刺激に慣れてきて飲む量も増えてくる事もあるので気をつけましょう。 当店で販売している流注下しは大黄を主成分としており、ただ単に刺激を与えるのではなく腸の働きを活発にする効果があります。 生活習慣の改善と併せて、この様な安全な漢方薬を上手く取り入れる事が最も早く確実な便秘解消法だと考えます。
便秘解消の診療便秘症を診てもらうには何科で受診すればいいですか?

大腸検査便秘と言うだけでお医者さんに掛かる方はあまりいらっしゃらないようですが、便秘症そのものの診療と言うよりも、便秘が原因で発症する深刻な病気もありますので 重い便秘症の方は検査を兼ねて診療を受ける事をお勧めします。そこで何科で診察を受けるかと言う事ですが、まずは内科・胃腸科・消化器科、または肛門科でも大腸の診察まで行えます。 女性の方なら婦人科でもいいでしょう。便秘の中にはストレスなど精神的な問題が原因で起こる痙攣性便秘(けいれん)と言う症状もあり、その様な場合は心療内科で相談されるのもの良いかと思います。
こちらのページはお客さまのご意見、ご質問をもとに日々更新されますので、今後とも引き続きご観覧下さい。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=4520&eid=16

お買い物情報

お支払について

・クレジットカード
VISA,MASTER,NICOS,UFJ,JCB,AMEX,DINERS

・郵便振り込み
商品に振込み用紙が同封されてますので、
お近く郵便局でお支払い下さい。

・コンビニ後払い
商品とは別にコンビニ払込票(ハガキ)が郵送されますので、
お近くのコンビニでお支払い下さい。
※コンビニ手数料はお客様のご負担となります。

お支払について

地域と重量によって変わります。

詳細はご利用案内をご確認下さい →

お届けについて

在庫は常備しておりますので、ご決済方法が確認でき次第、 即日もしくは翌営業日中に発送致します。 もし発送が遅れる場合にはメールにて納期のご連絡をいたします。 なお配送は日本国内のみとさせていただきます。

返品交換について

商品到着日より7日以内とさせていただきます。 それを過ぎますと、返品、交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。万一不良品等がございましたら、直ぐに交換させていただきます。商品到着後7日以内にメールまたは電話でご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

詳細はご利用案内をご確認下さい →

PAGE TOP

ページトップへ