カートを見る マイページ ご利用案内 お問合せ お店案内 特定商取引法の表示 サイトマップ

 

流注下しの成分

大黄漢方便秘薬の流注下し
大黄(だいおう)、漢方便秘薬

大黄
(だいおう)

非常に古くから世界各地で薬用として用いられた植物で、漢方、中医方剤の構成薬として広く使用されています。 主に粉末にした大黄末は緩下薬として医療の現場では欠く事の出来ない要薬です。 その事から「将軍」と言う異名も持っているほどです。 便秘薬とうたった漢方薬の成分を見ると、この「大黄」はよく使われています。 「流注下し」にも主成分の1つとして調剤してあります。 しかし効き目が違うのでしょうか?いろんな薬や同じ大黄を含んだ漢方を試された多くの方が最終的に「流注下し」に落ち着かれているのは何故でしょうか? 実は「大黄」と言ってもピンからキリまでで、中には薬用に適さない種ショクヨウダイオウやカラダイオウ(ハーブ系ダイオウ)が混じることがよくあり、 品質管理にもバラツキがあります。 また、中国産のタデ科の掌葉大黄や唐古特大黄に葯用大黄などの根茎を乾燥させた物や、国産では信州大黄の根茎を乾燥させたものが有名で高級品から粗悪品まで様々です。 「流注下し」が350年以上も昔から家伝薬として守り受け継がれ、今もなお良薬として信頼されているのは同じ大黄でもその「質」の違いにあるのです。

大黄漢方便秘薬の流注下し
川きゅう(せんきゅう)漢方便秘薬

川きゅう
(せんきゅう)

セリ科の植物で根茎を乾燥させ薬用とし用いら補血、強壮、鎮静の作用があります。 日本での起源は江戸時代に中国から移植し栽培化した物で江戸期には九州で栽培されていましたが現在、一般的に流通している物はほとんどが北海道産です。 「流注下し」に使用されてる川きゅうは江戸時代の創業当時から変る事無く受け継がれて来た良質の川きゅう末です。

大黄漢方便秘薬の流注下し
十薬(じゅうやく)漢方便秘薬

十薬
(じゅうやく)

これはドクダミの事で、漢方では十薬と呼んでいます。 十種もの薬の効能があるとして、そう呼ばれると言われています。 十薬は、医薬品として承認されている「便秘」「利尿」の目的のほか、膀胱炎・尿道炎の治療および、高血圧や動脈硬化の予防などにも広く用いられています。 乾燥した葉を煎じて「ドクダミ茶」として服用する事は皆さん良くご存知かと思います。 新鮮な葉を火にあぶって柔らかくして、やけど、傷口、などの患部に当てる方法は昔からよく使われていた民間治療です。

大黄漢方便秘薬の流注下し

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=4520&eid=2

お買い物情報

お支払について

・クレジットカード
VISA,MASTER,NICOS,UFJ,JCB,AMEX,DINERS

・郵便振り込み
商品に振込み用紙が同封されてますので、
お近く郵便局でお支払い下さい。

・コンビニ後払い
商品とは別にコンビニ払込票(ハガキ)が郵送されますので、
お近くのコンビニでお支払い下さい。
※コンビニ手数料はお客様のご負担となります。

お支払について

地域と重量によって変わります。

詳細はご利用案内をご確認下さい →

お届けについて

在庫は常備しておりますので、ご決済方法が確認でき次第、 即日もしくは翌営業日中に発送致します。 もし発送が遅れる場合にはメールにて納期のご連絡をいたします。 なお配送は日本国内のみとさせていただきます。

返品交換について

商品到着日より7日以内とさせていただきます。 それを過ぎますと、返品、交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。万一不良品等がございましたら、直ぐに交換させていただきます。商品到着後7日以内にメールまたは電話でご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

詳細はご利用案内をご確認下さい →

PAGE TOP

ページトップへ