カートを見る マイページ ご利用案内 お問合せ お店案内 特定商取引法の表示 サイトマップ

 

便秘の種類

偏食性便秘

偏食性便秘(へんしょくせいべんぴ)

偏食性便秘の様子ダイエットなどをしていて食事の量が少ないことも同じ症状を起こし安くなります。不規則で偏食ぎみ、食物繊維の少ない食事をしていると、便の量が少なく腸壁に適当な働きかけが弱く刺激が起こりにくいため便意を感じずに便秘になり易くなります。
偏食性便秘

直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)

直腸性便秘の様子便が直腸に達しても便意が起きず、蠕動(ぜんどう)運動が始まらない場合をいいます。溜まっているのに便意を感じない慢性的な便秘症のタイプです。忙しくてトイレに行かなかったり、我慢をしたりで現代社会で生活する若い女性に増えてきています。浣腸の乱用をきっかけとした方が多くみられます。便意があっても我慢していると、直腸の神経が麻痺して来て、ちょっとやそっとの刺激では反応しなくなってしまった症状です。滞った便は水分を失い硬くなってしまい思い切っていきまないと出てこずに、これが切れ痔をも引き起こす原因とも言われてます。
偏食性便秘

弛緩性便秘(しんかんせいべんぴ)

弛緩性便秘(しんかんせいべんぴ)の様子もっとも多いタイプのようです。 大腸全体の動きが悪く、緊張がゆるんでいて、蠕動(ぜんどう)運動が弱くなるために、便意を感じなくなっている症状です。 おなかが張っている感じの腹部膨満感、残便感、食欲不振などの症状が現れ、肩こりや頭痛、手足の冷え、だるさ、無気力感を伴う場合があります。
偏食性便秘

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)の様子自律神経のアンバランス、特に副交感神経が過剰に緊張することで起きる便秘がケイレン性便秘です。 下行結腸にケイレンした部分が生じ、腸管が狭くなり便の正常な移送が出来なくなった症状です。 おなかが張った感じがして、不快感や残便感がします。 排便があっても、便の量が少なかったり、固い兎糞状だったります。 排便後に再び便意を感じ水溶の下痢を伴うことがありますが、大腸の運動が強すぎる大腸過敏症のタイプで、これもまた、また精神的ストレス、自律神経失調症が原因で引き起こします。 大腸過敏症の症状は便意は強いが排便が困難であったり、腹痛や腹がゴロゴロ鳴り、腹が張ってきます。
偏食性便秘

腸内は生ごみ袋!?



人間体内の温度は36度台ほどありますから、腸管の中は、ちょうど8月の真夏時と同じような環境です。そこに食べた物を滞らせて便秘となってしまったらまさに、夏の生ゴミ袋の様な状態になりかねません。腐敗や発酵で、悪臭となるガスが発生し、アミン、インドール、アンモニア、フェノール、硫化水素、などの有害な物質も発生します。これら有害物質は発がん性があったり、神経障害も及ぼすとも言われ、頭痛、肩こり、腰痛、痔、や老化を速め、成人病の最たる原因とも考えられてます。「便秘は万病の元」生命に関わる重大な病気にも発展しかねません。新陳代謝を高める事、即ち腸内環境をきれいにする事で消化力がアップし肥満予防、免疫力の向上、血液の清浄化などに大きな効果があります。最近、よく取りざたされている「メタボリック症候群」の対策にも腸内環境の健全から取り組まれては如何でしょうか。体内の有害な毒素は一時的にも溜めておかないで、さっさと出してしまう、快便の習慣をつけましょう。

善玉菌と悪玉菌

腸内細菌、善玉菌、悪玉菌 腸内には細菌が棲んでいて、その中に善玉菌と悪玉菌があると言う所までは皆さんよくご存知と思います。
その菌の数は約100兆個、重さにして1kgにもなると言われています。
腸内環境に良い働きをする善玉菌には乳酸菌、ビフィズス菌、乳酸桿菌、酵素菌などがあり、腸の働きを正常に保ち便通を整えるばかりでなく、免疫力も高めてくれる大切な働きをします。
一方、体に悪い影響をを及ぼす悪玉菌には、ウェルシュ菌、ブドウ球菌ながあります。
腸内の腐敗、異常発酵を引き起こし腸の働きを低下させ便秘、免疫力低下の要因で、アレルギー体質になりやすいとも言われてます。
  当然の事ながら悪玉菌を排除し、善玉菌を優勢にさせる事が大切になる訳ですが、その為にはまず善玉菌が棲みやすい腸内環境にする事が先決です。
ところが慢性的な便秘がちの腸管に突如、サプリメントなどで乳酸菌などを取り入れても、なかなか棲み着いてくれません。
・溜まりに溜まった腐敗物(宿便などと呼ぶ場合もあります)をまずはキレイに排出し大掃除する事にしましょう!
  漢方便秘薬「流注下し」は便通を整え老廃物を出し切り腸内環境を改善します。

便秘の予防


便秘にならないための予防策はなんと言っても日常生活の改善にあります。腸内環境をきれいにすれば消化力が高まり免疫力も向上します 新陳代謝が良い事が肥満予防の最も大切な条件です。

1.
食物繊維を多く含んだ食事を充分に摂りましょう。
食物繊維は腸で消化されず、便の主な要素となり便意を感じやすくなります。生野菜はなかなか沢山食べれないので加熱調理するなど工夫して多く摂るようにしましょう。
また果物やヨーグルトには善玉菌の有機酸を含みます。有機酸は腸に刺激を与え腸の運動を促進し健全な状態を保ちます。

2.
規則的な排便の習慣をつけましょう。
通常は朝食の後が最も便意の起こりやすい時です。朝食を食べると胃から大腸へと信号が送られ大腸の蠕動(ぜんどう)運動が始まります。そして便が直腸へ送られ便意が起こります。決して我慢せずに最初はわずかな便意でも排便することで、それが習慣になるようにしましょう。

3.
ストレスを溜め込まず適度な運動を心がけましょう。
現代社会ではなかなか難しいくマインドコントロールに頼るしかなさそうですが、ストレスはあらゆる病気の要因です。落ち着いた穏やかな平常心での生活を心がけましょう。適度な運動がストレス発散となり、筋力を鍛え虚弱になった腸をよみがえらせます。決して無理をせずに日常生活の中でこまめに体を動かすようにしましょう。

私たち、昇久堂は薬を売る事を本業としてますが、お客様には出来るだけお薬に頼らない健康なお体であって欲しいと願っております。
健康に関する様々なご相談も承っておりますので、お気軽にお尋ね下さい。

便秘症になる原因

「もうずいぶん快調なトイレタイムってないなぁ・・」
「もともと便秘ではないはずなんだけど、大人になってからいつの間にか滞りぎみになって・・」
そう、便秘症は生れつきではなく、生活環境の何かしらの変化、乱れをきっかけにいつの間にか患ってしまうものです。 このページではその便秘症になってしまう様々な要因について考えて行きたいと思います。
【日々更新し内容も充実させていきますので時々のご観覧よろしくお願いします。】
便秘の原因 ≪便意が来ても我慢してませんか?≫ 
便意を感じた時、たまたまトイレに行く時間がなかったり、近くにトイレがなかったり、もうちょっと強い便意になってから・・・などの理由で排便を我慢してませんか?この様な我慢癖が便秘症の大きな原因です。便意の我慢を繰り返していると腸の神経が鈍感になり、少々の便意では何も感じなくなってしまいます。便秘の種類で言うと直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)で、便が大腸内に停滞し水分を失い硬くなり更に便秘を助長してしまう結果になります。慢性化してしまったものは仕方ありません。まずは流注下し(るちゅう)の服用で腸内環境をきれいに整えて、徐々に排便の習慣を取り戻すようにして下さい。

便秘解消法 ≪ストレスが便秘の原因になる事もあるんです。≫ 

・あがり症で緊張しやすい。
・几帳面、神経質
・新しい環境、生活習慣の変化
・イライラしたり、気落ちしたり気性が激しい
現代社会でなんらストレスなく生活できる事は難しいとは思いますが、ストレスこそがあなたの健康に様々な悪影響を及ぼしているのです。ストレスから自律神経が不安定になり、胃痛、胃弱体質になったり、腸などの消化器系の活動が弱くなり便秘になりやすいと考えられます。特に多いのが痙攣性便秘(けいれん)で、腸の一部が痙攣し腸管が狭くなり便の流れが滞るタイプの便秘です。また、便秘になったこと自体に神経質になり無理に改善しようとする事からストレスになり逆に症状を助長してしまうケースも見受けられます。 日常生活から疲れない程度の適度な運動、特に下腹部の緊張を和らげるストレッチや下半身浴が効果的です。 ストレス性の便秘は一過性のものかもしれませんので、流注下しですんなり出して深く気にしないのも良い方法でしょう。


便秘解消法は食物繊維 ≪食物繊維不足。もう十分お分かりだと思いますが。≫ 
食物繊維を多く摂ると便秘を解消できるのは何故か。食物繊維は他の栄養素とは異なり、胃腸で消化吸収されずに便となり排出されます。一昔までは、無用な栄養素として特に注目されない存在でしたが、腸内の老廃物を吸着し押出す掃除役を果す大切な栄養素として見直されるようになりました。食物繊維は大腸で水分を含み、便を柔らかくし量を増やします。便の量が多ければ腸壁が刺激され蠕動運動(便を押出す運動)がより活発になり便意を催します。また次のような生理作用も取上げられています。
(1)大腸機能の改善に効果がある(主に便通改善や大腸内環境の改善)
(2)血糖値の改善に効果がある
(3)血中コレステロールの改善に効果がある

ダイエットによる小食が便秘の原因 ≪ダイエット中?食事の量が不足してませんか?≫ 
食事で食べた物が便となる訳ですから、その食事が少なければ便の量も当然ながら少なくなります。ダイエットなどで食事の量を制限しているうちに便秘症になってしまう話はよく聞きます。食べる量が少なく腸内を通る便の量が減少すると、腸に適度な刺激が与えられず、蠕動運動(便を押し出す運動)が減退してしまいます。ダイエット中は摂取カロリーを制限し、低カロリー低脂質の食事を多め摂り新陳代謝を鈍化させないようにして下さい。特に朝食をしっかり摂ることで、胃や腸などの消化器系が刺激され1日の活動が始まります。逆に夜に高カロリー、高脂質の食事は、ダイエットにも便秘治療にも禁物です!仕方なく食べ過ぎた時は、流注下し(るちゅう)で翌日中にスッキリ出し切ってください。
水分不足が便秘の原因 ≪水分が不足してませんか?≫ 
食べた物は胃で消化され、小腸、大腸を通る時に腸壁から水分を吸収され固体化し便となります。そこで水分が少ない食物や食事の時に充分な水分を摂らずに食べると、腸内で水分が足りず便が硬くなってしまいます。便が硬いと流れも悪くなってしまい、排便が困難になってしまいます。硬い排便は肛門にも負担がかかり痔になる原因にもなりかねません。 便秘症の方に痔を患っている方が多いのはこのためです。運動やサウナなどで汗をかくと著しく体内の水分が不足します。またダイエット中の女性の中には、水太りが心配で水分を敬遠しがちですが、水を飲んで太る事はありませんので、しっかり水分補給をしましょう。
漢方便秘薬も適度に摂り入れて! ≪運動不足?≫ 
便秘になってしまう原因の一つに、運動不足があげられます。運動不足からくる筋力の衰え、特に腹筋が弱まることで小腸、大腸の便を送り出す運動「蠕動運動(ぜんどう)」が弱まる事が便秘になる要因です。特に運動不足と言う訳ではないが、年齢とともに筋力が衰えて便秘症になる事も充分考えられます。妊娠中によく便秘を患うのも、体を動かす機会が少なくなり運動不足になりやすいからです。 便秘解消のための運動は、お腹回りの筋肉を中心に鍛えたりストレッチで伸ばしたりして下さい。腹筋は排便を促すための重要な筋力です。また無理せず適度に行う事が大切です。無理な運動や極端な生活習慣の変化はかえって便秘を助長してしまう可能性もありますし、まず長続きしません。運動でストレス発散する事も便秘解消にはとても有効ですので、疲れない程度に気軽に続けるようにして下さい。

便秘について〜Q&A〜


べんぴ
便秘痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)について。
便秘解消法 腸が痙攣してるなんて!?痙攣性便秘はストレス社会で以外と多い便秘です。原因は正にストレス、神経の過労や睡眠不足です。便意は有っても思うように排便が出来ず、ウサギの糞の様なコロコロ状だったり、細い便だったりして、残便感が有りスッキリしません。腸の一部が痙攣し腸管を狭くし便の流れが悪くなっている症状です。便秘に良いからと食物繊維を多く摂っても、腸に過剰な刺激となるだけで更に症状を悪化させる事もあります。対策は、何よりもリラックスして下腹部の緊張を和らげること。仕事の合間にゆったりした軽めの体操で心と体のストレスを解しましょう。
便秘妊娠すると便秘になりやすいのは何故?
便秘解消法 妊娠初期や排卵後に、分泌される黄体ホルモンが主な原因と言われてます。 黄体ホルモンは子宮筋の収縮を抑制し流産しないよう備えるための妊娠時特有のホルモンです。 黄体ホルモンは水分や塩分を蓄えようする作用があり、腸から水分を吸収し便を硬くします。さらに子宮筋腫や卵巣嚢腫が腸を圧迫して蠕動運動(ぜんどう、腸内の便を押出す運動)が鈍くする副作用もあるため 便秘になってしまう事が多いようです。また妊婦は運動不足になりやすいのも便秘になる大きな原因でしょう。 大切な体です。ご自分で無理に改善しようとせず、僅かな異変でも掛かりつけの医師にまず相談するようにしましょう。 また「流注下し」は、昔から多くの妊婦の方にもご愛飲いただいており、問題があった事もございませんが、まずは医師の診断を受け相談するようにして下さい。
便秘解消子供が便秘ぎみです。原因や改善法は大人と同じですか?

漢方 子供の便秘の原因も基本的には大人と同じです。
・特に野菜嫌いからくる食物繊維不足。
・朝食を食べない、食べても慌しく食後のトイレ時間がゆっくり取れてない。
・子供は大人より新陳代謝が活発ですので、よく汗をかき水分不足になりがち。
・学校のトイレで排便できない事が多いようで、我慢ぐせがついている。
・TVゲームなどの遊びでばかりで運動不足になりがち。
子供の時から便秘症になると一生涯引きずってしまう恐れが十分あります。 子供は自ら意識してそれを改善しようとはなかなかしないものです。 大人(親)がストレスをかけない無い様にじっくり対応して行く必要があります。 (流注下しは子供でも安全に服用できます。用法用量をよく踏まえて服用下さい)
慢性便秘薬や下剤を飲んでも出ません。

メタボリック症候群痙攣性便秘(ケイレン)の部類である可能性があります。 痙攣性便秘は精神面からくる事が多く、ストレスや自律神経の失調などが原因と考えられ、腸の一部が痙攣し圧迫された様な状態となり便の流れが滞る症状です。 痙攣性便秘の場合、下剤や便秘薬では改善しないケースもよく見受けられ、精神的なストレス障害を緩和する事であっさり回復する場合があるようです。 いずれにしても、お薬を服用してその効能が見られないようなら、医師に診てもらう事も大切です。一人で思い悩む事でのストレスも解消されるかも知れません。
便秘薬そもそも快便ってどんな状態なんですか?

肌荒れさまざまな定義がございます。先に結論と言いますと、最たる快便の条件になるものは、 排便後、ご自分でスッキリ爽快感があるのかと言う事でしょう。うんちの形や色など健康的で標準とされる定義はありますが、それは食べたものやその日の生活状態(運動量)などでも 変化します。流注下しの様な大黄を含んだ漢方薬を服用すると、便が黒っぽい色だったり柔らか過ぎたりすることがありますがそれは問題ありません。 残便感のない全部出し切った気持ち良さがあれば、ひとまず健康な快便状態と言って良いでしょう。
便秘解消ダイエット中に便秘になりやすいのは?

便秘まず、食事制限よるものが最たる原因です。摂取カロリーを抑える為に食事の量を減らすと便の量も減ります。 便の量が少ないと大腸に適度な刺激が発生せず便意を感じる事が少なくなる訳です。ダイエットする場合は食事の量を減らすのではなく、カロリーを減らす様にしましょう。 低カロリー低脂質の食事でたくさん食べてたくさん出して、代謝を高める事が大切です。
漢方便秘薬下剤、便秘薬、浣腸は使わないほうがいいの?

宿便下剤や浣腸に頼ることで心配されるのが習慣化してしまい薬を使わないと排便出来なくなるのではないか言う点です。 センナなどをの刺激性下剤の場合その傾向が多く、刺激に慣れてきて飲む量も増えてくる事もあるので気をつけましょう。 当店で販売している流注下しは大黄を主成分としており、ただ単に刺激を与えるのではなく腸の働きを活発にする効果があります。 生活習慣の改善と併せて、この様な安全な漢方薬を上手く取り入れる事が最も早く確実な便秘解消法だと考えます。
便秘解消の診療便秘症を診てもらうには何科で受診すればいいですか?

大腸検査便秘と言うだけでお医者さんに掛かる方はあまりいらっしゃらないようですが、便秘症そのものの診療と言うよりも、便秘が原因で発症する深刻な病気もありますので 重い便秘症の方は検査を兼ねて診療を受ける事をお勧めします。そこで何科で診察を受けるかと言う事ですが、まずは内科・胃腸科・消化器科、または肛門科でも大腸の診察まで行えます。 女性の方なら婦人科でもいいでしょう。便秘の中にはストレスなど精神的な問題が原因で起こる痙攣性便秘(けいれん)と言う症状もあり、その様な場合は心療内科で相談されるのもの良いかと思います。
こちらのページはお客さまのご意見、ご質問をもとに日々更新されますので、今後とも引き続きご観覧下さい。

あなたの便秘度チェック

あなたの便秘度チェック

便秘チェック 毎日便通があっても次の様な症状は便秘とも考えられます。

便秘解消排便が不定期で、決まった時間に便意を感じない。

漢方薬排便後、残便感がありスッキリしない。

胃腸薬便の量が少ない。便が細い。

腸内洗浄便が硬くコロコロしている。

宿便おならがよく出てくさい。

デトックス下腹部に便やガスが溜まって張っている感じがする。

肌荒れ強くいきまないと便がでない。

ダイエット体臭や口臭が気になる。

漢方便秘薬お腹がすかない。食欲がない。食べてもいつまでも胃腸に残った感じがする。

昇龍堂便意は有っても、出るのはガスや水分ばかりでうまく排便できない。


便秘は万病の元。

便秘は万病の元。


腸内に老廃物を溜め込むと、腸内環境は荒らされて
あらゆる病気の原因となります。
便秘解消の方法は分かっていても、
なかなか継続する事が出来なかったり、
いまいち効果がなかったりで、慢性の便秘ともなると
なかなか改善してくれません。
まずは流注下しで排便の習慣をつかみ、
腸内環境を整える事から始めてみて下さい。

流注下しの成分

大黄漢方便秘薬の流注下し
大黄(だいおう)、漢方便秘薬

大黄
(だいおう)

非常に古くから世界各地で薬用として用いられた植物で、漢方、中医方剤の構成薬として広く使用されています。 主に粉末にした大黄末は緩下薬として医療の現場では欠く事の出来ない要薬です。 その事から「将軍」と言う異名も持っているほどです。 便秘薬とうたった漢方薬の成分を見ると、この「大黄」はよく使われています。 「流注下し」にも主成分の1つとして調剤してあります。 しかし効き目が違うのでしょうか?いろんな薬や同じ大黄を含んだ漢方を試された多くの方が最終的に「流注下し」に落ち着かれているのは何故でしょうか? 実は「大黄」と言ってもピンからキリまでで、中には薬用に適さない種ショクヨウダイオウやカラダイオウ(ハーブ系ダイオウ)が混じることがよくあり、 品質管理にもバラツキがあります。 また、中国産のタデ科の掌葉大黄や唐古特大黄に葯用大黄などの根茎を乾燥させた物や、国産では信州大黄の根茎を乾燥させたものが有名で高級品から粗悪品まで様々です。 「流注下し」が350年以上も昔から家伝薬として守り受け継がれ、今もなお良薬として信頼されているのは同じ大黄でもその「質」の違いにあるのです。

大黄漢方便秘薬の流注下し
川きゅう(せんきゅう)漢方便秘薬

川きゅう
(せんきゅう)

セリ科の植物で根茎を乾燥させ薬用とし用いら補血、強壮、鎮静の作用があります。 日本での起源は江戸時代に中国から移植し栽培化した物で江戸期には九州で栽培されていましたが現在、一般的に流通している物はほとんどが北海道産です。 「流注下し」に使用されてる川きゅうは江戸時代の創業当時から変る事無く受け継がれて来た良質の川きゅう末です。

大黄漢方便秘薬の流注下し
十薬(じゅうやく)漢方便秘薬

十薬
(じゅうやく)

これはドクダミの事で、漢方では十薬と呼んでいます。 十種もの薬の効能があるとして、そう呼ばれると言われています。 十薬は、医薬品として承認されている「便秘」「利尿」の目的のほか、膀胱炎・尿道炎の治療および、高血圧や動脈硬化の予防などにも広く用いられています。 乾燥した葉を煎じて「ドクダミ茶」として服用する事は皆さん良くご存知かと思います。 新鮮な葉を火にあぶって柔らかくして、やけど、傷口、などの患部に当てる方法は昔からよく使われていた民間治療です。

大黄漢方便秘薬の流注下し

小腹が空いたら、とにかく口(あご)を動かそう!

ダイエットしていてもしていなくても、人間というのは「小腹」が空くものです。
もしダイエットしていて痩せたいと思っているのであれば、小腹が空いたらお菓子を食べたりしないようにしましょう。
がっつりとご飯を食べる・・・なんていうのはもってのほかですね。
少ない量でお腹を満たしたいということであればオススメなものがあります。
それが、「スルメ」です。
スルメは噛めば噛むほど味が出てきますし、さらに飲み込まない限り口の中からなくならないので、小原が空いたときの最適なアイテム(食べ物)となります。
ガムでもいいですが、ガムはカロリーがあるので、やりスルメですね。
噛むということは、口とアゴを動かします。
アゴをを何度も動かすことによって満腹中枢が刺激されて満腹感を得られることができますし、カロリーオーバーの心配もしなくて済むでしょう。
ちなみに、スルメを噛むときは固めのスルメを噛むことがポイントですよ。
固くなることによってそれだけアゴを動かして食べることになりますので、その分より満腹感が得られるでしょう。
スルメが苦手な人もいるかと思いますが、そういう場合は、できるだけカロリーが少ない「噛むことが多くカロリーが少ない食べ物で代用してみてくださいね。

お買い物情報

お支払について

・クレジットカード
VISA,MASTER,NICOS,UFJ,JCB,AMEX,DINERS

・郵便振り込み
商品に振込み用紙が同封されてますので、
お近く郵便局でお支払い下さい。

・コンビニ後払い
商品とは別にコンビニ払込票(ハガキ)が郵送されますので、
お近くのコンビニでお支払い下さい。
※コンビニ手数料はお客様のご負担となります。

お支払について

地域と重量によって変わります。

詳細はご利用案内をご確認下さい →

お届けについて

在庫は常備しておりますので、ご決済方法が確認でき次第、 即日もしくは翌営業日中に発送致します。 もし発送が遅れる場合にはメールにて納期のご連絡をいたします。 なお配送は日本国内のみとさせていただきます。

返品交換について

商品到着日より7日以内とさせていただきます。 それを過ぎますと、返品、交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。万一不良品等がございましたら、直ぐに交換させていただきます。商品到着後7日以内にメールまたは電話でご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

詳細はご利用案内をご確認下さい →

PAGE TOP

ページトップへ